ジダン風ルーレットから超絶ループ! ブンデス月間ベスト弾に反響「なんてスキルだ」

ライプツィヒの19歳ブラジル人FWクーニャ【写真:Getty Images】
ライプツィヒの19歳ブラジル人FWクーニャ【写真:Getty Images】

ライプツィヒFWクーニャが決めた鮮やかな一撃がブンデス4月度ベストゴールに選出

 ドイツのブンデスリーガは4月度ベストゴールを発表し、1部RBライプツィヒの19歳ブラジル人FWマテウス・クーニャの“ジダン風ルーレット”からの鮮やかなループ弾が選出された。リーグ公式YouTubeチャンネルで映像が公開されると「なんてスキルだ!」「完璧な美しさ」と称賛の声が上がっている。

 選出されたのは4月6日の第28節レバークーゼン戦(4-2)で、ライプツィヒFWクーニャが決めた芸術的一撃だ。

 試合は前半11分にPKで先制されるも、ライプツィヒのオーストリア代表MFマルセル・ザビツァーが同点ゴール。同23分に再びリードを許したが、後半19分にドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの一撃で再び追いつき、同26分にスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリのPKで逆転に成功した。3-2とリードして迎えた後半38分に圧巻のゴールが生まれる。

 ライプツィヒは左サイドでパスをつなぎ、途中出場のFWクーニャにパス。ペナルティーアーク左でボールに追いついたが、相手2人に囲まれる苦しい状況となった。しかしクーニャは右足裏でボールをコントロールしながら反転し、勢いそのままに左足でボールを縦方向にタッチ。華麗なルーレットで相手を置き去りにすると、飛び出したGKをいなすように右足ループシュートを決めた。

 試合後、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルは「今季ベストゴール? ジダン風の動きと小粋な超絶チップキック」とゴール映像を公開。さらに「ワールドクラス」と称えていた。4月度ベストゴール候補の投票が終わり、この一撃が選出されると再び同チャンネルで映像を紹介。返信欄では「なんてスキルだ!」「素晴らしい」「完璧な美しさ」「伝説のジダン風ルーレット」と賛辞が相次いだ。

 現在レアル・マドリードで指揮を執る元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン監督は、現役時代にマルセイユ・ルーレットを得意としていたが、その姿を彷彿とさせるクーニャのプレーは高い評価を得ている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング