5人集結“メッシ包囲網”の激写が反響 「徹底マークは永続的」「干渉を不自然に」

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

リバプールが披露したメッシ対策の決定的瞬間が話題に 「封じ方を知っている」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦のリバプール戦に先発フル出場するも、チームは敵地で0-4と大敗。2戦合計3-4と壮絶な逆転負けを喫した。この一戦では不発に終わった背番号「10」だが、リバプールの守備陣による徹底的な“メッシ包囲網”の反響が拡大している。

 1日に行われた本拠地カンプ・ノウでの第1戦を3-0と大勝を収めたバルセロナは、4日のリーガ・エスパニョーラ第36節セルタ戦(0-2)では、主力11人全員を先発から外す温存策を敢行。メッシを筆頭としたベストメンバーが万全な状態で敵地アンフィールドでの第2戦を迎えた。しかし、バルセロナが圧倒的優勢と見られていた試合は予想外のシナリオを描くことになる。  

 前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギに先制点を与えてしまうと、後半9分、11分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに立て続けにゴールを奪われ、合計スコアで並ばれてしまう。そして同34分、CKから再びオリギに一撃を浴びせられ、エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノら主力を欠いた手負いのリバプールを相手にまさかの大逆転負けを喫することになった。

 第1戦では2ゴールを決めたメッシだが、第2戦ではリバプールの強固な守備網に苦しみ不発に終わった。CL公式はインスタグラムでメッシがリバプールの5選手に囲い込まれる徹底的な包囲網の写真を公開したが、“メッシ対策”を象徴するような一枚は反響を呼んでいる。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング