ユーベFWディバラ、インテルFWイカルディと交換? 代理人が示唆「夢物語ではない」

(左から)ユベントスFWディバラ、インテルFWイカルディ【写真:AP&Getty Images】
(左から)ユベントスFWディバラ、インテルFWイカルディ【写真:AP&Getty Images】

代理人ブランキーニ氏、ディバラのユーベ退団に言及 「さようならを言う可能性がある」

 イタリア王者ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、今季クラブがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得して出場機会が減少するなかで、来季チームを離れる可能性が指摘されている。元日本代表MF中田英寿の代理人も務めた有力エージェントのジョバンニ・ブランキーニ氏は、ディバラが今夏で退団する可能性があるとの見解を示している。

 ディバラは昨季セリエAで33試合出場22ゴールと、まさに「10番」を背負うエースとしてふさわしい成績を残している。テクニカルなボールタッチと左足での強烈かつ正確なシュートで、ユベントスの攻撃の核としてシーズンを過ごした。

 ところが、ロナウドが加入した今季はここまで公式戦わずか10ゴールと、2015年のユーベ加入以来ワースト。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では9試合出場5ゴールだが、そのうち3得点はロナウドが出場停止を受けていたヤングボーイズ戦のものだった。

 ブランキーニ氏はイタリア紙「トゥット・スポルト」のインタビューで、「今回はさようならを言う可能性があると思う。私は彼がハッピーだと思わないし、ユーベも今季ハッピーではなかっただろう。イカルディとの交換は夢物語ではない」と述べた。

 インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディもまた、契約延長を巡ってクラブと行き違い、キャプテンを外され、登録メンバー外となる事態に発展。これまで盛んにクラブ批判を繰り返していた代理人で妻のワンダ・ナラ氏が、ここ最近になって急に“インテル愛”を連発するなど残留を望んでいるようだが、クラブとの関係は崩壊しており、退団の噂が報じられている。

 他にもブランキーニ氏は、バイエルン・ミュンヘンでプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの移籍の可能性にも言及。「イタリアもあり得るだろう。彼のような選手は誰にとっても役に立つし、攻撃的ミッドフィールダーや素晴らしいクオリティーのセカンドストライカーを求めるクラブにはうってつけだろう」と語っている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング