史上最悪のミス? PSG珍プレーの反響拡大、海外指摘「ムバッペの表情がすべて」

パリ・サンジェルマンFWシュポ=モティング(右)【写真:AP】
パリ・サンジェルマンFWシュポ=モティング(右)【写真:AP】

カメルーン代表FWシュポ=モティング、味方のシュートをゴールライン上で阻止

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は、勝てばリーグ連覇決定となる現地時間7日の第31節ストラスブール戦で2-2と引き分けて優勝は持ち越しとなった。この一戦でPSGのカメルーン代表FWマキシム・シュポ=モティングに味方のシュートを相手ゴールライン上で止める珍プレーが飛び出し、「今まで見た中でワースト?」「ムバッペの表情がすべてを物語っている」と反響は広がっている。

 試合はリーグ連覇へ邁進するPSGが早々に先制。前半13分、シュポ=モティングがDFコリン・ダグバのパスに反応して先制ゴールを奪う。しかし同26分に同点ゴールを奪われ、1-1と振り出しに戻った。

 そのなかで迎えた直後の同28分、PSGのMFクリストファー・ヌクンクが裏に抜け出し、飛び出した相手GKの肩口を抜くシュートでボールは無人のゴールに転がった。そのままゴールに吸い込まれるかと思われた次の瞬間、最後に合わせようとしたのかシュポ=モティングが左足でタッチ。結果的にゴールライン上で味方のシュートを止める痛恨のプレーとなり、PSGはビッグチャンスを逃した。

 PSGは同38分に逆転ゴールを献上し、1-2と苦しい展開を強いられたが、後半37分にドイツ代表DFティロ・ケーラーの同点弾で2-2と引き分けた。この試合で結果とともに注目を集めたのが、シュポ=モティングの珍プレーだ。

 衛星放送「FOXスポーツ」のチャンネル「FOXサッカー」公式ツイッターは映像を紹介し、「シュポ=モティングが世紀のミス」と驚きをもって伝えていたが、反響はいまだ拡大している。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング