新発明? チェルシー18歳DF、技ありの“ノールック&助走なしPK”で話題「超クール」

チェルシーDFグエーイ【写真:Getty Images】
チェルシーDFグエーイ【写真:Getty Images】

UEFAユースリーグ準決勝、18歳グエーイがPK戦で相手GKの意表を突く一撃に成功

 欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する19歳以下のクラブチームによる大陸選手権大会「UEFAユースリーグ」は現地時間3日、ベスト4が出揃った。チェルシーは準々決勝ディナモ・ザグレブ(クロアチア)戦でPK戦の末に勝利したが、18歳DFが見せたノールック&ノーステップPKが話題となっている。

 チェルシーはディナモ・ザグレブに2点のリードを許す苦しい展開となったが、主将を務めるMFルーク・マコーミックが後半32分に反撃の狼煙を上げる一撃を決めると、終了間際にも得点を挙げ、土壇場で同点に追いつく。試合はそのままPK戦に突入した。

 チェルシーは1人目のマコーミックが決めた一方、ディナモ・ザグレブは1人目が失敗。2本目はお互いに成功して迎えた、チェルシーの3人目で注目のシーンが生まれた。

 キッカーはU-8からチェルシーに在籍し、2017年9月には2019-20シーズンまでのプロ契約を結んだ18歳のDFマーク・グエーイ。U-17イングランド代表では主将も務めた逸材は、ペナルティースポットに構えると、一歩引いた右足でそのままシュート。虚を突かれた相手GKは反応が一歩遅れ、ボールはゴール右下に突き刺さった。チェルシーはディナモ・ザグレブの4人目も止め、4-2でPK戦を制して準決勝に駒を進めている。

 UEFAユースリーグ公式ツイッターは、「チェルシーのマーク・グエーイがノールック、助走なしのペナルティキックを発明」と綴って動画を公開。「スーパークール」など称賛が寄せられたほか、アスレティック・ビルバオなどで活躍した元スペイン代表FWアリツ・アドゥリスがかつて成功させたPKでもあることから、「アドゥリスが発明者」といった書き込みも見られ、話題を呼んでいる。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング