「プレミアに順応できなかった11人」を英誌特集 元C大阪FWフォルランの名も…

(左から)ロビーニョ、フォルラン、シェフチェンコ、ベロン【写真:Getty Images】
(左から)ロビーニョ、フォルラン、シェフチェンコ、ベロン【写真:Getty Images】

ロビーニョ、シェフチェンコ、ベロン… 世界的ビッグネームがプレミアでは不発

 世界最高峰リーグの一つに数えられるイングランド・プレミアリーグは、そのレベルの高さゆえ、他国で結果を残したスター選手でも苦しむことは決して少なくない。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、「プレミアリーグに順応できなかった11人の偉大な代表選手」と題し、スター選手たちが苦悩した時代をプレーバックした。

 真っ先に名前が挙がっているのが、日本のファンにも馴染み深い元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランだ。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で得点王に輝いた稀代の点取り屋だが、プレミアリーグで結果を残せなかったことは有名だ。

 スペインのビジャレアルやアトレチコ・マドリードでゴールを量産したフォルランだが、01年から04年に在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは63試合出場で10得点に終わり、さしたるインパクトを残せないまま退団した過去がある。日本のセレッソ大阪など世界各国でプレーしたが、特にプレミアリーグでは苦しんだ。

 マンチェスター・シティ時代の元ブラジル代表FWロビーニョ、チェルシー時代の元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコの両ストライカーもプレミアでは輝けなかった選手の代表格で、フォルランに続いて名を連ねた。ロビーニョはレアル・マドリードで、シェフチェンコはACミランで活躍した後にイングランドへ渡ったが、それまでの評判に見合う活躍は披露できず、“期待外れ”との烙印を押された。現在、トルコリーグのイスタンブール・バシャクシェヒルFKでチーム内得点王のロビーニョ自身、「マンチェスター・シティはキャリアで唯一、タイトルを獲得できなかったクラブ」と回想している。

 シェフチェンコとディナモ・キエフで同僚だった元ウクライナ代表FWセルゲイ・レブロフも、2000-01シーズンから2年間トットナムでプレーも、通算59試合10得点と満足な成績は残せなかった。その後トルコのフェネルバフチェを経て、04-05シーズンにウェストハムに加入しプレミアリーグに再挑戦したが、27試合でわずか1ゴールと散々な結果に終わった。同胞シェフチェンコと同じく、プレミアの水は肌に合わなかったようだ。

 01年に当時のイングランド史上最高額の2800万ポンド(約41億円)でラツィオからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した元アルゼンチン代表MFフアン・セバスティアン・ベロンも、プレミアリーグに適応できず苦しんだ一人。イタリア時代の活躍とのコントラストがあまりに大きく、ユナイテッドでのプレーはわずか2年で終了。03年夏にはチェルシーへ移籍するもやはり定着はできず、さらに1年後にはインテルへ渡った。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング