乾貴士、アラベス移籍後の“本領発揮ぶり”に現地紙も大絶賛 「偉大な天才の猛攻」

アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】
アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】

古巣エイバル戦では華麗なテクニックで先制ゴールをマーク

 日本代表MF乾貴士のアラベスでの評価はうなぎ上りのようだ。現地時間9日のリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦(1-1)にフル出場した乾は、公式戦2試合連続ゴールで先制点を決めた。上位争いを繰り広げるチームにとって大きな戦力になっていることは確かで、地元紙「ノティシアス・デ・アラバ」で「体格こそ小さくとも、才能は大きい」と大絶賛されている。

 4-4-2の右サイドハーフで起用された乾が、古巣エイバル相手に大仕事をしたのは後半13分だった。センターサークル付近からドリブル突破を仕掛けたスペイン人MFジョニーの突破からのスルーパスを受けた乾は、ペナルティーエリア右の角度のないところからゴール前に折り返すモーションを見せて相手GKの重心を崩し、ゴールへと流し込んだ。その後アラベスはエイバルに追いつかれたものの、勝ち点1を手にしてUEFAヨーロッパリーグ(EL)圏内の5位を守っている。

 乾にとって昨季まで所属したエイバルへの“恩返し”となった形だが、記事ではその働きぶりを「イヌイ、偉大な天才の猛攻」と銘打ち、このように記している。

「冬の移籍市場で獲得した3人のうち、イヌイは良いパフォーマンスを見せている。この日のダービーでも右サイドでボールを受け、サイドを崩そうとした。スピードとテクニックの融合によって、彼の元チームメートは深刻な危機にさらされた。イヌイは攻撃に最大の危険性を生み、それは後半始めに明確になった。カウンターでのジョニーとの関係性でゴールが生まれたのだ」

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング