「あれはシュートです!笑」 アラベス乾、ビジャレアル戦の移籍後初得点を“自己解説”

アラベス移籍後初ゴールを決めたMF乾【写真:Getty Images】
アラベス移籍後初ゴールを決めたMF乾【写真:Getty Images】

殊勲の決勝弾についてツイッターに投稿「ループ気味になったのはラッキーでした!笑」

 アラベスの日本代表MF乾貴士は、現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節ビジャレアル戦(2-1)で4試合連続の先発出場を果たし、勝ち点3をもたらす決勝ゴールを決めた。乾は自身の公式ツイッターで「ループ気味になったのはラッキーでした!笑」と、移籍後初ゴールを“自己解説”している。

 乾はビジャレアル戦も3トップの右ウイングでプレー。敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカで積極性を見せるなかで、大仕事をしたのは1-1で迎えた後半32分だった。

 左サイドへのサイドチェンジをスペイン人MFホニが拾って縦に突破し、ゴール前へラストパス。マイナス気味となったこのボールをファーサイドから詰めた乾が左足で合わせると、シュートはループ気味の軌道を描いてネットを揺さぶった。嬉しい移籍後初得点に、歓喜の表情を見せた乾。チームメートも自分のゴールのように喜び合った。

 文字どおり勝利の立役者となった乾は、3日に自身の公式ツイッターを更新。ビジャレアル戦の勝利とゴールについて綴った。

「Victoria!!!!(勝利) 40puntos!!!(40ポイント) 勝ちましたー!! ちなみに、あれはシュートです!笑 ループ気味になったのはラッキーでした!笑」

 クロスがビジャレアルDFアルバロ・ゴンサレスの股を抜き、マイナス気味に転がってきたことで、やや逆を突かれたような形になったが、乾は左足インサイドでしっかりとシュートを狙ったと明かしている。

 アラベスはビジャレアル戦の勝利で勝ち点を40に伸ばし、暫定ながら来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位に浮上。欧州の舞台を目指すチームにあって、乾は間違いなく攻撃の中核を担っている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】乾貴士をDAZNで!|アラベスで戦う現在をネットで視聴するには?

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング