バイエルン、W杯優勝メンバーのアトレチコDF獲得へ 独紙はクラブ間合意済みと報道

アトレチコのDFリュカ・エルナンデス【写真:Getty Images】
アトレチコのDFリュカ・エルナンデス【写真:Getty Images】

23歳の有望株リュカ・エルナンデス、DF史上最高額の移籍金でバイエルン入りか

 ドイツ王者バイエルンは、ロシア・ワールドカップ優勝国フランスの若手DF獲得にこぎつけたようだ。ドイツ紙「ビルド」が、アトレチコ・マドリードのフランス代表DFリュカ・エルナンデスが今夏にバイエルンへ加入すると報じている。

 バイエルンは左サイドバックとセンターバックをこなせる23歳のエルナンデスを長らく追いかけており、今冬の移籍市場でも獲得に乗り出していた。記事によると、バイエルンとアトレチコは、エルナンデス移籍に関してクラブ間合意に達したという。

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、「チャンスがあるなら、契約解除金の満額を支払う。私たちは夏に向けて準備ができている。私たちのスポーツダイレクターが、すべてをコントロールしている」と、エルナンデス獲得に強い意欲を示していた。

 エルナンデスの違約金はおよそ1億ユーロ(約125億円)と報じられているが、バイエルンはこれを支払い、獲得することになりそうだ。DFの移籍金史上最高額は、リバプールがサウサンプトンから獲得したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの8500万ユーロ(当時約107億円)となっているが、1億ユーロの移籍が成立すれば、その記録を上回ることになる。果たして、フランス代表DFの大型移籍は実現するだろうか。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング