ベジクタシュ香川、移籍後初先発で1アシスト 絶妙パスで存在感もダービー戦ドロー

ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】
ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】

トップ下出場の香川、フェネルバフチェ戦で1アシストも3-3ドローで痛み分け

 MF香川真司が所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間25日、リーグ第23節でフェネルバフチェとのイスタンブール・ダービーに臨み、3-3ドローに終った。移籍後初スタメンを飾った香川はトップ下に入り、1アシストをマークするなど存在感を示すも、後半40分にピッチを退いている。

 ベジクタシュ加入後、3試合連続で途中出場が続いていた香川はダービーマッチで移籍後初スタメンを飾ると、開始10分にゴールが生まれる。敵陣右サイドでFKを獲得したベジクタシュは香川がキッカーを務め、中央に正確なクロスを供給。これをクロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダが折り返し、最後はトルコ代表DFギョクハン・ギョニュルが流し込んで先制点を奪った。

 前半18分には相手エリア内でギョニョルが相手に蹴られ、ビデオ判定によりPK判定。これをトルコ代表FWブラク・ユルマズが決めてベジクタシュが2-0とリードを広げた。さらに前半終了間際には、ハーフウェーライン付近でこぼれ球を拾った香川が前線にスルーパスを供給。ユルマズが抜け出して冷静に流し込み、リードをさらに広げた。

 ところが後半に入ると流れが一変。後半10分、ベジクタシュは左サイドを崩されるとグラウンダーのクロスを通され、最後はニアサイドでMFミハ・ザイツに合わせて1点を返された。さらに同16分、元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナのFKからDFサドゥク・チフトプナルに頭で合わせられ、3-2と1点差に詰め寄られる。続く同22分にDFハサン・アリ・カルドゥムに同点ゴールを奪われ、3-3の振り出しに戻った。

 その後は一進一退の攻防が続き、香川は後半40分にピッチから退くと、試合は3-3のまま終了。香川は随所に光るプレーを披露するなど攻撃をけん引したが、後半の3失点が大きく響いて勝利を逃した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング