Jリーグマスコット総選挙「4位~53位」が決定! 残り3体…栄えある1位に輝くのは?

Jリーグマスコット総選挙「4位~53位」が決定した【写真:Football ZONE web】
Jリーグマスコット総選挙「4位~53位」が決定した【写真:Football ZONE web】

13日に4位から9位までをJリーグが発表 残るは名古屋、仙台、長崎のみ

 Jリーグが13日、Jリーグマスコット総選挙の4位から9位までを公式ツイッターで発表した。16日に埼玉スタジアムで行われる富士ゼロックススーパーカップで撮影する集合写真のセンターポジションを懸けた戦いと銘打った総選挙は、残りベスト3のみとなった。

 Jリーグが13日に発表した4位から9位までは以下のとおり。

4位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)
5位:サンチェ(サンフレッチェ広島)
6位:ガンズくん(松本山雅FC)
7位:ニータン(大分トリニータ)
8位:ふろん太(川崎フロンターレ)
9位:パルちゃん(清水エスパルス)

 10位から53位まではすでに発表されており、残るはグランパスくん(名古屋)、ベガッ太(仙台)、ヴィヴィくん(長崎)となった。16日に開催される富士ゼロックス杯の日本テレビ系全国ネットでの生中継内ハーフタイムで、トップ3が発表される予定だ。果たして、どのマスコットが1位に輝くのか注目が集まる。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング