「ドイツのメッシ」が手本とするのは? ドルトムントMFゲッツェが“イニエスタ派”告白

ボルシア・ドルトムントMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】
ボルシア・ドルトムントMFマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】

ゲッツェがインド紙の独占インタビューで自身のスタイルについて言及

 ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは今季、シーズン序盤こそ出番を手にできずにいたが、現在は“偽9番”として定位置を確保している。インド大手紙「TIMES NOW」は、ブンデスリーガ首位を走るチームのキーマンであるゲッツェに独占インタビューを敢行。最も尊敬している選手はJ1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだという。

 ドルトムントは20節終了時点で、2位ボルシアMGに勝ち点7差をつけて首位を快走。ルシアン・ファブレ新体制の最大の特徴はエースのドイツ代表MFマルコ・ロイスをトップ下に配置する4-2-3-1システムにあり、当初はMF香川真司(現ベジクタシュ)と同様、ゲッツェもベンチを温める日々が続いた。しかし、ゲッツェは“偽9番”として最前線に入ることで出番を勝ち取り、今季はリーグ戦13試合出場で2ゴール3アシストを記録している。

「TIMES NOW」紙はゲッツェに独占インタビューを実施。「ゲッツェが自身に最も近い手本に挙げたのは、クリスティアーノ・ロナウドでもなくリオネル・、メッシでもなく、バルサのレジェンド、アンドレス・イニエスタだ」と見出しを打って特集を組んでいる。

「ゲッツェはドイツで最も著名な1人であり、ドルトムントのキープレーヤーとして自身を再建している。ゲッツェのニックネームは“ドイツのメッシ”ではあるものの、最もスタイルの近い存在はイニエスタのようだ。世界は彼にC・ロナウドとメッシを見出そうとしているなかで、彼は自身にイニエスタを重ねている」


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング