原口元気、5戦連続の1点差勝利に成長の予感 「この大会を勝ち切ることで…」

日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】
日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】

アジア杯8強でベトナムに苦戦も「苦しいゲームでしたけど1-0で勝ち切れて良かった」

 日本代表MF原口元気(ハノーファー)は現地時間24日のアジアカップ準々決勝ベトナム戦でスタメン出場。後半にはMF堂安律(フローニンゲン)が決勝点となるPKを獲得する場面でラストパスを通した。5戦連続の1点差勝利のトーナメントに「この大会を勝ち切ることでチームとして大きく成長できる」と話している。

 前半は原口が「チームとしてもなかなか難しかった」と振り返ったように、攻撃の最終局面に持ち込むようなリズムが生まれなかった。セットプレーからDF吉田麻也(サウサンプトン)が奪ったかに見えた先制点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言と映像確認で取り消される事態もあったが、「ハーフタイムに慌てずにしっかりやろうと話し合った」と、チームは落ち着きを失わなかったという。

 そして迎えた後半7分過ぎ、原口がペナルティーエリア内に走り込んだ堂安にラストパスを通すと、堂安が相手選手に倒された。この時点でファウルの笛は鳴らなかったが、VARの進言で映像確認が行われるとPKが宣告。これを堂安が蹴り込んで1-0の決勝ゴールとした。

 原口は、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦(1-0)から中2日だったこのベトナム戦について「体力的にも難しいゲームで、苦しいゲームでしたけど、1-0で勝ち切れて良かった」と結果を出せたことに対して一定の納得感を示した。

 中国とイランの勝者と対戦する準決勝を「大変なゲームになる」と見通す原口だが、ロシア・ワールドカップ(W杯)での経験も踏まえて「この大会を勝ち切ることでチームとして大きく成長できる」と眼光は鋭い。厳しい日程でもハードワークを続ける原口は、このアジアカップで接戦をものにし続けている日本代表にとって大きな存在となっている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング