メッシは「世界で最高の選手」 “C・ロナウド派”のボアテングがバルサ入団で心変わり

(左から)MFボアテング、FWメッシ【写真:Getty Images】
(左から)MFボアテング、FWメッシ【写真:Getty Images】

流浪の31歳MFが入団会見で明言「メッシは世界最高で、スアレスは世界最高のFW」

 バルセロナは21日、セリエAサッスオーロから期限付き移籍で元ガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテングが加入することを発表した。これまでレアル・マドリードに所属したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをリスペクトするような言葉を残していたが、その過去の言葉を排除し、改めてバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが「あらゆる世界で最高の選手」だと称賛した。

 これまで10クラブを渡り歩いた男が、スペイン最大クラブの一つにたどり着いた。バルセロナは21日に衝撃的な移籍を完了させ、サッスオーロから31歳のボアテングを獲得。契約は半年間のレンタルで買い取りオプションを含む800万ユーロ(約10億円)となっている。

 過去にバルセロナではなくレアルのファンであることを公言し、世界最高の選手にC・ロナウドの名前を挙げていたボアテング。だが、今回バルセロナ移籍を果たしたことで考えを改めたようで、22日に行われた入団会見で次のように見解を示した。

「僕はバルセロナの選手であり、リオネル・メッシはこの世界で、あらゆる世界で最高の選手だ」

 ボアテングメッシが世界最高と公言。以前はC・ロナウドを世界最高と表現していたことを知っている記者から失笑が漏れると、続けてメッシを世界最高に推す理由を語った。

「なぜ、笑うんだい? それは真実だ。過去10年間で勝ち取ったものすべてでそのことを示している。メッシは世界最高の選手であり、(ウルグアイ代表FW)ルイス・スアレスは世界最高のストライカーだ。そんな彼らのいるバルセロナの一員になれたことは名誉なこと。彼らは驚くようなプレーをしているし、彼らとともにプレーできるのは素晴らしい贈り物だ」

 すぐにはレギュラーにはなれないことを認識し、「ここで上手くプレーし、何年もの間このクラブと契約する。それが僕の目標だ」と明かしたボアテング。新たなクラブで世界最高の選手であるメッシと素晴らしい関係性を築けるだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング