8強で日本かサウジと激突… “伏兵”ベトナム率いる韓国人監督「我々に簡単なチームはない」

ヨルダンをPK戦の末に撃破したベトナム【写真:©AFC 】
ヨルダンをPK戦の末に撃破したベトナム【写真:©AFC 】

ヨルダンをPK戦の末に撃破、FIFAランキング100位チームが快進撃

 日本代表は21日にアジアカップ決勝トーナメント1回戦で、サウジアラビアとのロシア・ワールドカップ(W杯)出場国同士の一戦を迎えるが、それを勝ち上がった場合、準々決勝の相手に決まったのはベトナムだ。20日に行われたヨルダンとのラウンド16をPK戦の末に制したチームは上り調子で、チームを率いる韓国人のパク・ハンソ監督は、「私たちは一つのチームだ」と、一丸となって戦うことを強調している。開催国のUAE紙「ザ・ナショナル」が報じた。

 ベトナムはヨルダン戦の前半39分に、相手MFバハ・アブデルラフマンに先制ゴールを許したものの、後半6分にエースのFWグエン・コン・フオンが同点ゴールをゲット。その後は延長戦を戦い抜いて迎えたPK戦で4-2と勝利。グループDを1勝2敗の3位通過ながら準々決勝進出を果たした。

「我々はともに戦い抜いた。私の選手たちは100%のミッションをクリアしてくれた。彼らをとても誇りに思いたい」

 チームを率いる韓国人のパク・ハンソ監督はこのように語った。これまでアジアでの国際大会で“アウトサイダー”的な立ち位置だったベトナムだが、2017年のU-20ワールドカップに初出場を飾り、18年のスズキカップ(ASEANサッカー連盟内での大会)で優勝を飾るなど、育成が徐々に実を結びつつある。

 指揮官は次戦の相手が日本もしくはサウジアラビアになることを問われると、こう謙虚に語っている。

「決勝トーナメントに入れば、我々にとって簡単なチームはないです。16強にいるすべてのチームはFIFAランキング、チームとしてのパフォーマンスともに強者です。どちらのチームのほうが簡単なのかは問題ではありません」

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング