塩谷の“絶対的”弾丸ミドル、アジア杯公式からも称賛 「あらゆる角度から見たか?」

ウズベキスタン戦、1-1の同点の場面で度肝を抜く決勝弾を決めたDF塩谷司【写真:©AFC 】
ウズベキスタン戦、1-1の同点の場面で度肝を抜く決勝弾を決めたDF塩谷司【写真:©AFC 】

矢のような一撃でA代表初ゴール AFC選出のGLベストゴール候補10選にもノミネート

 森保一監督率いる日本代表は、17日に行われたアジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタン代表を2-1で破り、3連勝の首位通過で決勝トーナメント進出を決めた。1-1の同点の場面で度肝を抜く決勝弾を決めたのが、今大会初出場のDF塩谷司(アル・アイン)だった。大会公式ツイッターも、グループリーグベストゴール候補にノミネートされたこの一撃を「絶対的な強烈ショット」と表現している。

 日本は前半40分に先制を許すも、その3分後にFW武藤嘉紀(ニューカッスル)がヘディングで同点弾を叩き込む。そして、この日ボランチに入った塩谷が後半13分に輝く。DF室屋成(FC東京)が右サイドから供給したクロスは相手に弾かれるも、こぼれ球に反応した塩谷がペナルティーアーク後方から左足を一閃。矢のような弾丸ミドルがゴール右に突き刺さり、塩谷のA代表初ゴールが決勝点となった。

 数多くの海外メディアが塩谷のセンセーショナルな一撃を取り上げたなか、アジアカップ公式ツイッターも反応。「シオタニから放たれた絶対的な強烈ショットがゴールネット右に突き刺さった。ちゃんとあらゆる角度から見たか?」と動画を公開。このゴールはAFC(アジアサッカー連盟)選出のアジアカップ・グループリーグベストゴール候補10個の中にノミネートされており、投稿では投票を促している。

 21日のラウンド16では難敵サウジアラビアと対戦するが、塩谷が決めた殊勲のスーパーゴールが日本に勢いをもたらすことになったのは間違いないだろう。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング