「森保監督にとってジレンマ」 日本に生じた“二つのポジション争い”を海外メディア指摘

日本代表のFW武藤嘉紀(左)、GKシュミット・ダニエル(右)【写真:Getty Images】
日本代表のFW武藤嘉紀(左)、GKシュミット・ダニエル(右)【写真:Getty Images】

今大会初先発の武藤と塩谷のゴールでウズベキスタンに逆転勝利

 森保一監督率いる日本代表は17日、アジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で破り、グループ首位通過を決めた。先制点を許すも、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)とDF塩谷司(アル・アイン)のゴールで逆転に成功。海外メディアは日本の二つのポジションにおける定位置争いにスポットライトを当てている。

 日本はグループリーグ2連勝の勝ち点6でウズベキスタンと肩を並べるも、得失点で3ポイント差をつけられ、首位突破のためには勝利が必須となった。試合は前半40分に相手に先制点を許すも、直後の同43分に武藤が右サイドからのクロスを強烈なヘディングで叩き込み同点弾に。そして、後半13分には塩谷が左足の弾丸ミドル弾で追加点を奪い、逆転勝利をつかみ取った。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「日本はウズベキスタンを相手に2-1と逆転し、一線を画した」と、優勝候補として示した勝負強さを称えた。その一方で、二つのポジションに定位置争いが生じる可能性を指摘している。

 まずは「次の試合はシュミットか? 権田か?」とテーマを打ち出し、「ポルティモネンセ加入が噂されるGK権田修一は大会で2試合に先発したものの、大きなインパクトを残すことに失敗している。森保監督はほんの少し経験値で勝る権田にチャンスを与えているが、川島永嗣の幕引きによって空いた穴にシュミットを抜擢してもファンが非難することはないだろう」と言及。A代表通算2試合目を1失点で抑えたGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)にもレギュラーのチャンスが巡ってくる可能性を指摘している。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング