「なんて一撃なんだ!」 今大会初出場の塩谷、殊勲の決勝ミドル弾に海外メディア驚愕

DF塩谷が鮮烈なミドルで決勝ゴールを奪った【写真:AP】
DF塩谷が鮮烈なミドルで決勝ゴールを奪った【写真:AP】

ボランチ起用されたDF塩谷が強烈なミドル弾で日本をグループ首位突破に導く

 森保一監督率いる日本代表は17日、アジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で破り、3連勝でグループ首位通過を決めた。先制を許したなかでFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が豪快な同点ヘディング弾を決めると、後半13分にボランチ起用されたDF塩谷司(アル・アイン)が鮮烈なミドルで決勝ゴールを奪った。海外メディアも「なんて一撃なんだ!」と塩谷のゴールに驚きを見せている。

 日本は初戦トルクメニスタン戦を3-2、第2戦オマーン戦を1-0で勝利し、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。しかし、同様に2連勝を収めているウズベキスタンが得失点差で3ポイント上回っているため、引き分けでは2位通過となる。首位突破を決めるためには、勝利が求められる一戦となった。

 試合は前半40分に相手に先制点を許すも、直後の同43分に武藤が右サイドからのクロスを強烈なヘディングで叩き込み同点弾を奪った。そして1-1で迎えた後半13分、ボランチ起用された塩谷から度肝を抜くゴールが生まれた。

 右からMF伊東純也(柏レイソル)が突破したことで得たコーナーキックの2次攻撃で、こぼれ球を拾った塩谷がペナルティーエリア手前から左足を一閃。矢のような弾道を描いたシュートはゴール右隅に突き刺さり、逆転ゴールとなった。

 衛星放送「FOXスポーツ」アジア版公式ツイッターは「ツカサ・シオタニからなんて一撃なんだ! 日本は後半から怒涛の攻め込みで圧力をかけている」と速報し、圧巻のゴールに驚きを示していた。

 今大会初出場の塩谷は、慣れ親しんだUAEの地で殊勲の決勝弾を決め、日本を3連勝の首位突破へと導いてみせた。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング