なぜ? C・ロナウド、謎の“直撃行為”で物議 PK弾後…相手GKに体をぶつけ一触即発

決勝ゴールは、C・ロナウドのPKだったが…【写真:Getty Images】
決勝ゴールは、C・ロナウドのPKだったが…【写真:Getty Images】

トリノ戦、ロナウドがPKで決勝ゴールも… 相手GKに体をぶつけてイエローカード

 イタリア王者ユベントスは、現地時間15日の“トリノ・ダービー”となった第16節の敵地トリノ戦で1-0の勝利を収めた。決勝ゴールは、クラブのセリエA通算5000ゴール目となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのPKだったが、そのプレーぶりとPK後のアクションが物議を醸している。

 現地ではトリノ市内に在住のサポーターが多いトリノと、全国区のファンが多いユベントスと色分けされることの多い対戦は、トリノのモチベーションの高さが強調される試合になった。ユベントスに自由なプレーを許さないトリノは、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティを軸に積極的な攻撃を仕掛けた。

 しかし、後半になると前半のオーバーペースが見られたトリノがトーンダウンし、ユベントスの攻撃回数が増加。そうしたなかで迎えた後半の半ば、最終ラインでボールを奪ったユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがそのまま攻撃参加をすると、トリノの元イタリア代表FWシモーネ・ザザがそのまま守備に戻ってボールをカットし、GKにバックパスを送った。

 ところが、そのパスが弱くユベントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチに狙われてカットされたところで、途中出場のGKサルバドル・イチャソが倒してしまう。このPKのキッカーをロナウドが務めると、右下を狙ったキックはイチャソに読まれたものの手を弾くようにして決まった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング