「CLベスト&ワースト11」を英メディア選出 16強進出も“最悪”に選ばれた5人とは?

「Squawka」選出、CLグループステージ終了時点でのベスト11【画像:Football ZONE web】
「Squawka」選出、CLグループステージ終了時点でのベスト11【画像:Football ZONE web】

グループステージの結果を踏まえ、ベスト11にはメッシやムバッペが選出される

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ全日程を終え、ベスト16進出チームが出揃った。英サッカー情報サイト「Squawka」は、グループステージ終了時点でのベストイレブンとワーストイレブンをそれぞれ選出した。

 当然というべきか、ベストイレブンはすべて16強進出チームからの選出となった。システムは4-2-3-1で、守護神には最終節のナポリ戦で終了間際にビッグセーブを披露したリバプールのブラジル代表GKアリソンが選ばれた。最終ラインにはユベントスからポルトガル代表DFジョアン・カンセロとイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ、バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバの4人が並んだ。

 中盤の底にはジョゼップ・グアルディオラ監督も称賛するリヨンのU-21フランス代表MFフセム・アワールとバルセロナの“心臓”スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが選出されている。

 そして攻撃陣だが、右にはパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、左にはアヤックスのセルビア代表MFドゥサンタ・タディッチが選出された。中央にはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが名を連ね、1トップにはバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが選ばれている。レバンドフスキはグループステージだけで8得点を挙げ、6得点のメッシを抑えて得点ランキングのトップに立っている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング