神戸イニエスタが古巣バルサ訪問 旧友メッシらと“再会ショット”に現地紙反響「同窓会」

神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

神戸1年目を終えたイニエスタがスペイン帰国、SNSに元同僚との抱擁・談笑ショット投稿

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、昨季まで所属していたスペインの名門バルセロナを訪問し、共闘してきた元チームメイトと再会を果たした。自身の公式インスタグラムを更新、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシら懐かしの面々と会った際の抱擁ショットなどを投稿している。

 今夏、22年間過ごしたバルセロナを退団したイニエスタは、新天地として神戸を選択。同一選手におけるシーズン中での背番号交代不可というJリーグユニフォーム要項が改定され、代名詞の背番号「8」をMF三田啓貴(7番に変更)から譲り受けると、7月22日の第17節湘南ベルマーレ戦でJリーグデビュー。移籍3試合目の第21節ジュビロ磐田戦では相手DFを翻弄する華麗なターンでJリーグ初ゴールを流し込んだ。リーグ戦14試合3ゴールの結果を残し、1年目を終えている。

 そんなイニエスタが帰国し、古巣バルセロナを訪問。メッシをはじめ、中盤でコンビを組んだクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、スペイン代表DFジョルディ・アルバ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスらと再会した。イニエスタはインスタグラムのストーリー(24時間で消去される動画・写真)にそれぞれの選手と話し込んだり、抱擁しているシーンを投稿。イニエスタの8番を継承したブラジル代表MFアルトゥールと談笑する様子も見せている。

 スペイン紙「マルカ」は「アンドレス・イニエスタ、バルセロナの元同僚を訪問」と報道。「日本での今シーズンを終え、元チームメイトの元へ訪れた。SNSに写真をアップし、選手を激励した」と伝えている。また衛星放送「FOXスポーツ」は「イニエスタ、メッシと古巣バルサを訪問」と言及し、二人の2ショットを紹介。さらに「元チームメイトたちとの同窓会があった。イニエスタはJリーグのオフシーズンを楽しんだ」と記している。

 イニエスタと元同僚たちの“同窓会”は現地でも話題となったようだ。

>>【PR】年末はDAZNで『GIANT KILLING』! アニメ全26話一挙配信決定!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング