ルーニーが伝説と並ぶ イングランド歴代最多得点記録タイに

英史上最高のストライカーへ

 イングランド代表FWウェイン・ルーニーが歴史に名を刻んだ。5日に行われた欧州選手権予選のサンマリノ戦で前半13分にPKを決め、サー・ボビー・チャールトン氏の持つ同国代表歴代最多得点の49点に並んだ。イングランドはこの試合を6-0で快勝し、予選7試合をここまで全勝。勝ち点21でグループE首位を独走。3試合を残しての本戦出場を一番乗り決めた。
 
 ルーニーが、名実ともにイングランド史上最高のストライカーへ。偉大な先人に並んだ主将は試合後に「BBCラジオ5」のインタビューに応じ、この記録に喜びを爆発させた。
 
「ボビー(・チャールトン)に並ぶなん て、本当に光栄だ。この瞬間をとても誇らしく思う。そしてできれば、彼を超えて単独トップに立ちたいね」
 イングランド代表史上最年少デビュー(当時)を飾り、いまだだに破られない代表の史上最年少ゴール記録(17歳317日)を持つルーニーは、代表デビューから約12年7カ月、そして初ゴールからは約12年で大記録を達成した。29歳のルーニーが記録を更新するのも、もはや時間の問題だろう。
 
 欧州選手権にはこれまでいいイメージがなかった。初参加となった2004年大会では計4得点を挙げるも準々決勝で左足を骨折して大会を後にすると、08年大会はイングランドが予選で敗退。12年大会では、予選のモンテネグロ戦で退場となった影響で本大会最初の2試合を出場停止のために欠場した。チーム はまたも準々決勝で敗れ、ルーニーも1得点に終わっていた。エースでキャプテンという重責を担うルーニーはブラジル・ワールドカップ以降絶好調を維持する現在のチームを高みへ導くことはできるのだろうか。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング