「誰よりも高く飛んだ」 大迫勇也のバイエルン戦ヘディング弾を海外称賛「ノイアーを破った」

今季3ゴール目を挙げたFW大迫【写真:Getty Images】
今季3ゴール目を挙げたFW大迫【写真:Getty Images】

バイエルン戦に先発した大迫、0-1と劣勢で迎えた前半33分にホーム会場を沸かせる一撃

 ドイツ1部ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が、現地時間1日のリーグ第13節バイエルン戦に先発出場し、今季3ゴール目を決めた。試合は1-2と惜敗したものの、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの牙城を破る大迫のヘディング弾に「誰よりも高く飛んだ」と海外メディアが賛辞を送っている。

 本拠地でバイエルンを迎え撃ったブレーメンだったが、前半20分にドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに先制ゴールを献上。0-1と劣勢のブレーメンも反撃に打って出ると、前半33分に日本代表ストライカーが会場を沸かせる。

 敵陣の左サイドから崩しにかかるブレーメンは、10番を背負う元ドイツ代表FWマックス・クルーゼが切り返しから右足でクロスを供給。ドイツ代表DFニクラス・ジューレの背後に入り込んだ大迫が反応し、カバーリングに入ったドイツ代表DFジェローム・ボアテングよりも一瞬早くヘディングシュートを放つ。相手GKノイアーも前に出てシュートコースを限定し、脇付近でボールを触ったものの、大迫のシュートはそのままゴールに吸い込まれた。

 大迫の今季3ゴール目で追いついたブレーメンだったが、後半5分に再びニャブリに決められて1-2と敗戦。6連覇中の絶対王者に一歩及ばなかったブレーメンだが、大迫のゴールが海外メディアに取り上げられている。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング