バルサFWメッシが華麗な“バックヒール股抜き”炸裂 「信じられない瞬間」に海外驚嘆

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

アトレチコ戦で相手DFフィリペ・ルイスに「バックヒール+股抜き+反転」の合わせ技

 バルセロナは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第13節アトレチコ・マドリード戦で1-1の引き分けに終わった。右腕骨折から復帰2試合目となったエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは得点こそ奪えなかったが、マーカーを翻弄した巧みなドリブルに海外メディアも「信じられない瞬間」と感嘆している。

 メッシは10月20日のリーグ第9節セビージャ戦(4-2)で右腕を骨折。全治3週間の診断を受けて2試合を欠場し、11月11日の第12節ベティス戦(3-4)で復帰していた。アトレチコとの一戦が戦列に戻って2試合目となったが、早くも本来のキレを取り戻しつつあるようだ。

 0-0で迎えた前半21分、バルセロナはフランス代表DFサムエル・ウムティティが、インターセプトして前線へキック。メッシは右サイドのタッチライン際で頭で一度弾くと、浮き球の処理でさすがのテクニックを見せる。プレッシャーをかけにきたアトレチコのブラジル代表DFフィリペ・ルイスを腕でガードしながら、落ちてきたボールを左足かかとでヒット。股下を抜くと同時に自身もくるりと反転して相手を置き去りにした。

 その後、味方とのワンツーでサイドを駆け上がったプレーはゴールチャンスには結びつかなかったものの、英紙「デイリー・ミラー」が「リオネル・メッシが驚異的なスキルでフィリペ・ルイスを粉砕」と連続写真とともに大きく取り上げている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング