元独代表GKカーンがバイエルンの社長に? “闘将”マテウスが独王者の将来に独自構想

オリバー・カーン氏【写真:Getty Images】
オリバー・カーン氏【写真:Getty Images】

ヘーネス会長が近未来の退職を示唆したなか、ルンメニゲ氏を会長、カーンを社長に推薦

 ドイツ衛星放送局「スカイ」で解説者を務める元ドイツ代表MFローター・マテウス氏が、古巣バイエルンの人事について独自の構想を明かした。バイエルン時代の同僚で、現在ドイツ公共放送「ZDF」で解説者を務めている元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏が“ボス”になるべきだと述べている。ドイツ紙「ビルト」の内容を、ドイツメディア「SPORT BUZZER」が伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長は先日、近い将来に現職を退くとの意向を明らかにしたが、「ビルト」紙のインタビューで、マテウス氏もバイエルンに対して首脳陣の入れ替えを促した。

「ウリ(ヘーネス会長)はフランツ・ベッケンバウアーのように、名誉会長になり、できる限り日常のビジネスには関わらないようになる。カッレ(カール=ハインツ・ルンメニゲ氏の愛称)が新たな会長となり、オリバー・カーンが彼を引き継いで代表取締役社長になる」

 次期社長候補にカーン氏を挙げたことについて、マテウス氏は「彼はバイエルンの顔であり、バイエルンのDNAを身体に受け継いでいる」と説明。当然ながら、サッカーという競技についての知識は疑いようもなく豊富であり、「経済に関する勉強もさらに続けている」とカーン氏がバイエルンを率いる資質は十分あるとの見解を示した。

 ヘーネス会長は、現職を退任する意向を語った際、後任について「人間味のある人物であること。そして、サッカー界の出身であること。なんでもできる人間を探さなくてはならない。簡単なことではない。これができる人物を知っていれば、来年にでも辞めるかもしれないがね」と語っていた。

 ルンメニゲ氏であれば問題はなさそうだが、問題は同氏の後任だろう。マテウス氏が“予想”したとおり、カーン社長が誕生する日は来るのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価