病との戦いさえなければ… “最高のチームプレーヤー”森﨑和幸が愛され続けた理由

広島一筋を貫いた森﨑和幸【写真:紫熊倶楽部】
広島一筋を貫いた森﨑和幸【写真:紫熊倶楽部】

1999年に高校生でデビューを果たして以降、広島一筋を貫いた男が現役引退を決意

 20歳の松本泰志の嬉しそうな面持ちが眩しい。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

「カズさんと一緒にプレーできて、最高でした」

 広島でいう「カズさん」とは“キング”三浦知良(横浜FC)のことではない。10月29日に引退会見を行った森﨑和幸を指す。1999年、広島で初めて高校生デビューを果たして以来、広島では「カズ=森﨑カズ」だった。だが、その歴史はあと4試合で幕を閉じる。来年、背番号8が縫い付けられた紫のユニフォームに「KAZU」と縫い付けられることはない。

 しかし、U-21日本代表としてアジア大会準優勝の原動力となった松本が、どうして歓喜の表情を浮かべたのか。森﨑の引退が彼にとって「嬉しい」わけがない。最も森﨑和幸を尊敬し、「カズさんのようなプレーヤーになりたい」と言っていた彼にとっては、偉大なる8番の引退はショッキングな出来事だった。

「カズさんがいる間にたくさんのことを吸収したいし、盗みたい。時間がないので焦っています」

 20歳の若者が喜んだのは、10月27日の松江シティ(中国リーグ)との練習試合で森﨑と一緒にボランチのコンビを組んでプレーできたことだ。

「カズさんがいると落ち着かせてくれるところと行くべきところがはっきりするし、パスの一つ一つに意図がある。4点取って、良い内容で勝てたのも、カズさんがいてくれたおかげです。ゲームコントロール能力、危機察知能力、球際の力強さ。全てを学んで自分のものにしたい。それができれば、試合にも出られるようになるし、代表だって見えてくる」

 ただ、松本が当初から森﨑のプレーに憧れたわけではない。今のような“カズ・フォロワー”となったのは、昨年5月3日、ルヴァンカップのセレッソ大阪戦で初めて二人でコンビを組んでからだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング