「久保の奇跡に注意」 “日本のメッシ”を準々決勝で対戦のインドネシアメディアが警戒

U-19日本代表FW久保建英【写真:ⒸAFC】
U-19日本代表FW久保建英【写真:ⒸAFC】

GL3戦で1得点1アシストを挙げた影山サッカーの「メインアタッカー」に海外注目

 U-19日本代表は、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会へのアジア予選を兼ねたU-19アジア選手権でグループリーグ3連勝。グループBを首位通過し、準々決勝進出を決めた。28日にはU-20W杯出場権を懸けて地元インドネシア(グループA 2位)と対戦するが、現地メディアは「タケフサ・クボの奇跡に注意」と母国の代表チームに警告を発している。

 日本は25日にグループリーグ第3戦でイラク戦と対戦。第2戦のタイ戦(3-1)から10人の先発を入れ替え、4人が大会初出場となったなか、試合を動かしたのは初戦の北朝鮮戦(5-2)で決勝FK弾をマークした17歳のFW久保建英だった。

 前半10分、右サイドでFW原大智がキープすると久保がフォロー。ペナルティーエリア内に切り込んだ久保は左足アウトサイドでゴール前にボールを流し込み、MF滝裕太が相手DFとGKと競り合いながらバックヒールで先制ゴールを奪った。

 久保はその後も、前半27分にFW田川亨介の得点に絡むと、後半13分には右45度から得意の左足を一閃。強烈なシュートはゴールポストを直撃したが、果敢に攻め込んで5-0の勝利に貢献した。

 28日の準々決勝はインドネシアとの対戦となり、勝ったチームはU-20W杯の出場権を手にする。地元メディアは大一番のキーマンに久保を挙げ、母国の代表チームに警戒を呼び掛けている。

 インドネシアメディア「Kumparan」は「U-19代表チームに警告:タケフサ・クボの奇跡に注意」と特集。「川崎で生まれた17歳は、影山監督の4-4-2の中でメインアタッカーの一人として輝きを放っている。これが、彼が“日本のメッシ”のニックネームを得ている理由だ」と触れ、その攻撃力は要注意だと伝えた。

 果たして、久保はインドネシアの守備網をかいくぐり、チームを勝利に導けるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング