女子選手が集客する意義 ベレーザ10番籾木、「5000人満員プロジェクト」挑戦の舞台裏

なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部日テレ・ベレーザ【写真:Football ZONE web】
なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部日テレ・ベレーザ【写真:Football ZONE web】

優勝が懸かったINAC戦のスタンドはベレーザカラーに「違う空間にいる感じだった」

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部日テレ・ベレーザのFW籾木結花は、20日のリーグ第16節INAC神戸レオネッサ戦で二つのミッションに挑んでいた。一つはリーグ4連覇達成、そして二つ目は「観客数5000人クリア」だ。試合は互いに攻め合いながらも決定打を欠き、スコアレスドローで優勝は次節以降に持ち越し。観客動員も4663人と惜しくも目標に届かなかったが、選手ながら集客のプロデュースを行うという革新的な取り組みに、「手ごたえは少し」と笑顔を覗かせた。

【PR】プレー集やゴールショー、国内外サッカーのトレンドを『DAZN』で確認しよう!

 大一番のおよそ1カ月前の9月25日、ベレーザはINAC戦で5000人集客を掲げた「5000人満員プロジェクト」の実施を発表。そのプロデューサーに10番を背負う籾木が就任し、プレミアムシートや選手視点で企画したオリジナルグッズ、参加体験型のイベントを展開して来場を呼び掛けてきた。

 そして迎えた試合当日、選手が味の素フィールド西が丘のピッチに入場すると、メインスタンドとバックスタンドは黄緑と深緑の“ベレーザカラー”のコレオグラフィーが広がっていた。籾木は目の当たりにした光景を、「違う空間にいる感じだった」と振り返る。

「バックスタンドもメインスタンドも(緑の)縞々模様になっていたのはすごく綺麗でした。本当にこの中でプレーしているんだな、と逆に実感が湧きにくかったですけど、楽しいなと感じていました」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング