18歳神童FWの“低空FK弾”にレアルファン感激 「第二のロナウド」「未来の主人公」

レアル・マドリードFWヴィニシウス【写真:Getty Images】
レアル・マドリードFWヴィニシウス【写真:Getty Images】

今季新加入のヴィニシウスがUDサラマンカ戦で鮮やかなFK弾をマーク

 今夏レアル・マドリードに加入したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、現地時間16日に行われたカスティージャ(Bチーム)のUDサラマンカ戦(3-0)でまたしても魅せた。これまで華麗なドリブルで持ち前のテクニックを披露してきたが、今度は約20メートルの距離から技ありの低空FK弾を炸裂。目の肥えたレアルファンも「未来の主人公」「背番号7を与えるべき」と太鼓判を押している。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ブラジルの名門フラメンゴに所属していた2017年、16歳にしてレアルと破格の4500万ユーロ(約58億円)で移籍合意した逸材は、18歳となった今年7月にチームへ合流。リーガ・エスパニョーラ開幕戦となった8月19日のヘタフェ戦(2-0)は、ベンチ入りするも出番はなかったが、26日に開催されたセグンダ・ディビシオンB(3部相当)のラス・パルマスⅡ戦にカスティージャの一員として出場すると、股抜きなど持ち前のテクニックを披露。9月2日のアトレチコ・マドリードBとの“ミニダービー”(2-2)でもチームの全2得点を挙げて、格の違いを見せつけていた。

 UDサラマンカ戦ではFWクリスト・ゴンサレスが2ゴールを奪い、2-0で迎えた前半40分に見せ場が訪れる。カスティージャはペナルティーアーク左後方でFKを獲得。キッカーを担当したヴィニシウスは、相手選手5人が形成する壁の横に味方が二人立って確保したコースを的確に狙い、シュートはゴール前でバウンドしてスピードアップ。相手GKはニアサイドを意識したため一瞬反応が遅れてしまい、最後は必死に伸ばした手をすり抜け右ポストをかすめてゴールネットを揺らした。

 レアル下部組織公式ツイッターが、約20メートルの位置からインステップで放った一撃には綺麗なカーブがかけられ、吸い込まれるようにゴールに向かう様子を収めた動画を公開すると、レアルファンからヴィニシウスに称賛の言葉が次々と送られた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング