「バルサに“ノー”を言うのは難しいけど…」 グリーズマンが今夏“残留宣言”の真相告白

フランス代表FWグリーズマン【写真:Getty Images】
フランス代表FWグリーズマン【写真:Getty Images】

アトレチコに示した忠誠心 「僕に可能な限りのことを尽くしてくれる」

 アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは今夏にバルセロナ移籍の噂が浮上したが、残留を宣言して“ロヒ・ブランコ(白と赤)”への忠誠を誓った。フランス紙「レキップ」に対し、「バルセロナに“ノー”を言うのは難しいけど」と移籍に対する本音を打ち明けた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 ロシア・ワールドカップ開幕直前にアトレチコ残留宣言を行ったグリーズマン。レフティーのストライカーにとっては、アトレチコの本拠地ワンダ・メトロポリターノこそがホームだと感じているという。

「これだけの愛情を示してもらえれば、他のクラブに行くことはできないよ。彼らは僕に対して、可能な限りのことを尽くしてくれる。重要な選手を獲得して素晴らしいチームを作ることもしている」

 グリーズマンはアトレチコからの誠意を感じ取っているという。それだけに、バルセロナからのオファーにも心は動かなかったという。

「たいていはバルセロナからのオファーに“ノー”と言うことはないだろうが、僕の気持ちは反対だった。バルセロナのようなクラブに“ノー”と言うのは難しいけど、僕はここにいられて本当に幸せなんだ」

 次期バロンドール候補とも目される点取り屋は、アトレチコでさらなる飛躍を誓っていた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング