歴代受賞者が超豪華! 日本代表MF堂安がノミネートの「ゴールデンボーイ賞」とは?

(左から)ルーニー、メッシ、セスク、パト、ゲッツェ【写真:Getty Images】
(左から)ルーニー、メッシ、セスク、パト、ゲッツェ【写真:Getty Images】

伊紙主催で2003年にスタート メッシら21歳以下の若き日のスター選手が受賞

 イタリア紙「トゥット・スポルト」が主催するゴールデンボーイ賞の候補60名が発表された。フローニンゲンの日本代表MF堂安律が名を連ねるなど注目が集まるなか、21歳以下の選手に送られるこの賞の歴代受賞者は、サッカー史にその名を残してきたスター選手がずらりと並んでいる。

 同賞は2003年からスタート。21歳以下、かつヨーロッパのトップディビジョンでプレーする選手が対象となる。記念すべき第1回の受賞者は当時アヤックスでブレークしていた、元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトだった。このレフティーはその後にハンブルガーSV、レアル・マドリードなどで活躍した。

 その後に受賞した選手たちも、その大半がビッグクラブで活躍した一流のタレントばかりだ。第2回受賞者の元イングランド代表FWウェイン・ルーニーから、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スペイン代表MFセスク・ファブレガス、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、元ブラジル代表MFアンデルソン、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトらと続いていく。

 2010年に選出されたイタリア代表の悪童FWマリオ・バロテッリや2011年のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェなど、10代でトップスターに登りつめた選手がずらりと揃うが、これまで複数回受賞した選手はまだ現れていない。

 そうしたなか、初の快挙を成し遂げるか注目されるのが、昨年の受賞者であるフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。

 2017年はモナコでの飛躍を経て、パリ・サンジェルマンへと移籍した。そして、2018年もムバッペはフランスが優勝したロシア・ワールドカップで活躍するなど特大のインパクトを残している。まだ19歳というのも驚きだが、その活躍を見れば連続受賞の可能性は十分にあるだろう。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング