ヤングなでしこGKスタンボー華、“憧れの師匠”海堀あゆみに誓う「恩返しの飛躍」

INAC所属という共通項を持つスタンボー華(左)と海堀あゆみ(右)【写真:INAC神戸レオネッサ】
INAC所属という共通項を持つスタンボー華(左)と海堀あゆみ(右)【写真:INAC神戸レオネッサ】

2011年の女子W杯優勝を支えた守護神に憧れ、ガムシャラに背中を追い続けてきた日々

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサのGKスタンボー華は、大会初優勝を飾ったU-20女子ワールドカップ(W杯)の激闘を終え、8月30日にチームに合流した。太陽がギラギラと照りつけるなか、練習場の脇から19歳の新ヒロインを見守る人物の姿――。INACのOGで、日本が世界一に輝いた2011年女子W杯時の守護神、海堀あゆみ(現・熊本ルネサンスFW兼コーチ)だ。スタンボーにとって“憧れの先輩”がいたからこそ、フランスの地での快進撃があった。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 2011年、日本女子代表はドイツで開催されたW杯で見事に大会初優勝。最後まで諦めずに戦う姿は人々の感動を呼び、「なでしこジャパン」の愛称はサッカーファン以外にも広く知られるようになった。当時、12歳だったスタンボーは最後方でチームを支えるGK海堀に釘付けとなった。

「海さん(海堀)は味方を動かすコーチングが素晴らしい印象を受けました。どんな事態にもいろいろな予測をしているから、自分自身に余裕があって、難しいボールを止めることもできる。私は自分のことで精一杯になってからの指示でしたから(苦笑)。真似したいけど、相当時間がかかるだろうなと思っていました」(スタンボー)

 INAC所属という共通項を持つ二人だが、海堀は2015年を最後に一時現役を引退、スタンボーは2017年入団のため、チームメイトになることはなかった。それでも、スタンボーがJFAアカデミー福島時代に練習参加でINACへやって来た際、「テレビの中の存在だった」海堀と邂逅。わずか1週間ほどの短い時間だったが、海堀もスタンボーの天真爛漫なキャラクターに魅了され、後輩として可愛がったという。

「スタンボーの人懐っこくて明るい人柄が大好きでした。彼女が一人いるだけで、チームも明るくなる。技術とはまた違う要素ですけど、GKとしては才能の一つです。練習にも真面目に取り組んでいたと思います」(海堀)

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング