なでしこ新キャプテンの実像 継承される“宮間イズム”

目にしてきたキャプテンシー

「自分が若いころになでしこに入って緊張しましたし、思うように自分のプレーができなかった。今の若い子や初めて代表に来た子には、そういう思いをしてほしくない。自分のプレーを後悔しないようにピッチで表現してほしい。そういう意味でも、若い子とのコミュニケーションはすごく大事にしている」
 その姿勢は、先日の女子ワールドカップカナダ大会で 宮間あや(岡山湯郷)が見せていた姿勢に通じるものがある。彼女もまた、レギュラー組と控え組という垣根や、世代間のギャップがチームに生まれないように腐心していた。チーム全体でのコミュニケーションを図り、明るく前向きな雰囲気で大会を戦えるように心を配った。川村自身も「(宮間)あやさんの姿や澤さんの姿を身近で感じられた」と、W杯を振り返る。着実になでしこが築き上げてきた“イズム”は継承されている。
 一方で、川村自身は一人のプレーヤーとしてW杯には悔しさがあるという。出場機会は1次リーグの2試合のみであり、決勝ラウンドではプレーできなかった。それだけに、「自分自身もあの大会でピッチに立てなくて悔しい思いをしましたし、この大会に掛ける思いは 強い。それをピッチで表現できれば」と、強い思いを語っている。
 川村は、初戦で激突する北朝鮮を「カウンター攻撃に特長がある」と警戒する。ボランチを主戦場にする川村にとっては、スピードとパワーを武器にする北朝鮮との試合はハードなものになることが予想されるが、「最後の体を張る部分や球際のところで絶対に負けない」と、一歩も引くつもりは無い。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」