ラキティッチがバルサ残留を明言 他クラブから接触も「ここより良い場所はない」

バルセロナのクロアチア代表MFラキティッチ【写真:Getty Images】
バルセロナのクロアチア代表MFラキティッチ【写真:Getty Images】

バジャドリード戦後にバルサ退団報道を否定

 バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチは、フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)移籍の噂が浮上していたが、現地時間25日のバジャドリード戦(0-1)後に「ここより良い場所はない」と語って残留を主張した。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 卓越した技術と高い献身性でクロアチア代表のロシア・ワールドカップ準優勝に貢献したラキティッチ。今夏にPSGが獲得を目指していると報じられていた。

 しかし、30歳のクロアチア代表MFは「ここで素晴らしい4年間を過ごしてきた。長くここに残りたい」と“バルサ愛”を強調。家族とも話し合い、“世界最高”のクラブに残る決断をしたという。

「世界最高のクラブの一員でいることは素晴らしいことだ。妻や、代理人のアルトゥーロとも話している。ここよりも良い場所はないんだ」

 ラキティッチは他クラブからの接触があったことを認めたうえで、「最も大切なことは、僕自信がここに残りたいと思っているということだ」と語っている。大黒柱の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)は今夏チームを去ったが、円熟期を迎えたクールな司令塔がバルサの中盤を支えてくれそうだ。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング