バレンシア加入の韓国17歳新星、現地紙「U-20注目株」に選出 “ネイマール二世”も登場

バレンシアMFイ・カンイン【写真:Getty Images】
バレンシアMFイ・カンイン【写真:Getty Images】

イ・カンインは17歳にして2022年までの長期契約を締結 違約金は103億円に設定

 17歳の韓国人MFイ・カンインは、今夏にスペインの強豪バレンシアに加入した。2022年までの長期契約を結んだ逸材にスペインメディアも注目。20歳以下の注目選手の一人として取り上げられている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 スペイン紙「マルカ」は今季のリーガ・エスパニョーラに所属するクラブの中から、「その年齢にもかかわらず大きな期待がある」という20歳以下の注目株の特集を組んだ。

 レアル・マドリードに加入したネイマール二世と呼ばれるブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18歳)や、バルセロナ下部組織の新たな逸材と称されるスペイン人MFリカルド・プイグ(19歳)という才能に並び、韓国出身のイ・カンインも名を連ねた。

 バレンシアの下部組織で育った17歳は2022年までの長期契約を結んで話題となった。記事でも「韓国のヤングスターはわずか17歳で2022年6月までの新しい契約を結び、すでにそのバイアウトクルーズ(違約金)は8000万ユーロ(約103億円)だ」と紹介された。

 イ・カンインは「メスタージャ(バレンシアの本拠地)でプレーするのが夢だ。バレンシアは僕の人生」と語るなど、公式戦デビューへの意気込みとクラブへの忠誠心を口にしている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング