バイエルン監督が“スマホ禁止令”発動 クラブハウスで選手同士「話をするのが普通」

バイエルンのコバチ監督【写真:Getty Images】
バイエルンのコバチ監督【写真:Getty Images】

コバチ監督がロッカールーム以外での使用禁止を通達、違反者には罰則も…

 今季からバイエルンの指揮官となったニコ・コバチ監督が、チームに新たな規律を導入したようだ。ドイツ誌「シュポルト・ビルト」によれば、クラブハウスではロッカールーム以外の場所でのスマートフォンなど携帯端末の使用を禁じたという。

 昨季前人未到のブンデスリーガ6連覇を果たし、今季も12日に行われたドイツ・スーパーカップで昨季DFBポカール覇者フランクフルトを5-0で粉砕し、幸先の良いスタートを切ったバイエルン。国内二冠とUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目標に、クラブが新たに迎えたのがコバチ監督だが、そのコバチ監督がチーム力の向上と一層の団結を目指して導入したのが、携帯電話禁止令だ。

 記事によれば、携帯電話の使用はラウンジや食堂、医務室でも禁止。最初にそう告げた後もすぐに従わない選手が数人いたため、禁止令に背いた場合は罰則を設けることになったという。

「携帯電話の使用はロッカールームではOKだが、その他では禁止だ。一緒にプレーしているのだから、携帯電話をいじくり回すのではなく、ともに話をするのが普通ではないかと思う」

 そう語ったコバチ監督。医務室にいる場合についても「理学療法士のところで横になっている際、選手は休むべきであって、忙しなく携帯電話に気を取られるべきではない。それに治療を受けている最中に、あの画面の光に効果があるとは思えないしね」と話し、手当てやマッサージを受けている間の携帯電話使用もよろしくないとした。

 選手がクラブハウス内での様子をツイッターやインスタグラムにアップできなくなるのは、ファンにとっては寂しいような気もするが、これがコバチ方式。あまり締め付けがきついと反発する選手も出そうだが、新指揮官はどのように“アメとムチ”のバランスを取っていくのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング