名手ロッベン、軽快な足技&ループ弾に称賛 「小さなデル・ピエロ」「美しすぎる」

バイエルン・ミュンヘンMFロッベン【写真:Getty Images】
バイエルン・ミュンヘンMFロッベン【写真:Getty Images】

ICCのシティ戦で、リベリーの後方からのパスを巧みに足もとへ収めてゴールを奪取

 ドイツ王者バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、28日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で軽快な足技からゴールを奪取。海外メディアが「小さなデル・ピエロ」と称賛している。

 8月24日に開幕するブンデスリーガは、オープニングゲームに王者バイエルンとホッフェンハイムのカードが組まれている。ICCに参加しているバイエルンは7月28日にマンチェスター・シティと対戦。試合は打ち合いの末に2-3で敗れたが、バイエルン10年目を迎えるロッベンがプレーで魅せた。

 1-0で迎えた前半23分、バイエルンは元フランス代表MFフランク・リベリーが左サイドから中央にカットイン。その瞬間、右サイドにいたロッベンがシティ最終ラインの裏に抜け出すと、リベリーからのロングフィードを左足でトラップ、すぐさま右足でスペースに流し、最後は飛び出してきた相手GKクラウディオ・ブラーボをあざ笑うかのように、技ありのチップキックによるループシュートをゴール右隅に流し込んだ。

 ベルギー紙「nieuwsblad」は、「美しすぎる:ロッベンの美しいテクニック、“小さなデル・ピエロ”が得点」とファンタジスタとして愛された元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロの名を挙げて絶賛。「オランダ人アタッカーは卓越したテクニックとフィニッシュを見せてくれた」と伝えている。

 昨季終了後に契約満了となった際には、中国やアメリカ行きの噂も浮上したが、5月17日に1年間の契約延長に正式サイン。新シーズンもドイツ王者バイエルンのサイドをリベリーとともに支える。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング