圧巻の30mドライブ弾を海外称賛! 片目失明の10番が“年間ベストゴール級”の一撃

パラグアイ3部でスーパーゴールが生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
パラグアイ3部でスーパーゴールが生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

パラグアイ3部クリストバル・コロンFWリカルドのスーパーゴールに脚光

 パラグアイで“年間ベストゴール級”のスーパーゴールが生まれた。注目されているのは、スコアラーのパラグアイ人FWマリオ・リカルド(クリストバル・コロン)が片目の視力を失っているなかで圧巻の一撃を叩き込んだことだ。海外メディアも「片目の視力を失った背番号10のゴラッソ」と称賛している。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 度肝を抜くゴールが生まれたのは、パラグアイのカップ戦クリストバル・コロン対セロ・ポルテーニョの一戦だった。クリストバル・コロンが0-1と劣勢のなかでFWリカルドが輝きを放つ。相手選手の浮き球を味方がヘディングでインターセプトすると、こぼれ球を拾ったリカルドが、相手の頭上を抜く華麗な浮き球でマークを剥がすと、ボールを落とさないままダイレクトで30メートルほどの距離から右足を一閃。ドライブ回転がかかったボールは、高く上がってから急降下してゴール左隅に突き刺さった。これで同点に追いついたクリストバル・コロンは、勢いに乗って3-1と逆転勝利を収めている。

 パラグアイメディア「Tigo Sport」もゴール動画を公開すると、称賛のコメントが並んだ。年間ベストゴールにノミネートされるような一級品の一撃だが、同点弾を叩き込んだリカルドに注目が集まっている。スペイン紙「マルカ」は「片目の視力を失った背番号10、マリオ・リカルドがプスカシュ賞級のゴラッソ」と見出しを打って特集。リカルドは幼少期に遭った交通事故により、左目の視力を完全に失っているという。現在、パラグアイ3部のクリストバル・コロンで他の仕事に勤めながら選手としてもプレーを続けている。

「ボールをトラップした瞬間から、撃ち抜くことに躊躇はなかったよ」

 自身の一撃をそう振り返ったリカルド。片目の視力を失った背番号「10」だが、チームのエースとしてピッチを駆け抜けている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング