「W杯16強パワーランキング」を英紙発表 西野ジャパンが最下位からトップ10に浮上

英紙発表の「W杯16強パワーランキング」で、西野ジャパンが最下位からトップ10に浮上した【写真:Getty Images】
英紙発表の「W杯16強パワーランキング」で、西野ジャパンが最下位からトップ10に浮上した【写真:Getty Images】

FIFAランク3位のベルギー相手に壮絶な打ち合いを演じ、敗退ながら6つジャンプアップ

 ロシア・ワールドカップ(W杯)はついに8強が出揃った。英紙「ガーディアン」は決勝トーナメント1回戦を戦った16チームのパワーランキングを発表し、日本は最下位から10位までランクアップした。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 コロンビア、セネガル、ポーランドが同居したグループHをイエローカード2枚差の2位で通過した日本は、決勝トーナメント1回戦でFIFAランキング3位のベルギーと対戦。MF原口元気、MF乾貴士のゴールで2点を先行したものの、同点で迎えた後半アディショナルタイムに決勝弾を許して、惜しくも敗れた。

 記事では、日本は素晴らしかったと触れ、良くも悪くも「試合に勝つことにこだわり過ぎた」姿勢が負けた理由との見解を示した。とりわけ、“無回転シュート”でチーム2点目を決めた乾を「非常に優れたサッカー選手」と称賛している。

 メキシコに2-0で完勝し、ベスト8入りしたブラジルは変わらずトップを維持。アルゼンチン戦でスターのポテンシャルを発揮した19歳FWキリアン・ムバッペ擁するフランスが2位、グループリーグ3戦全勝で勝ち上がり、デンマークとのPK戦の末の激闘を制したクロアチアが3位に続いた。

 今大会に出場した32カ国のなかで、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング70位の最下位だった開催国ロシアは強豪スペインをPK戦の末に破り、驚きの8強入りを果たした。そのロシアは前回から順位を7つ上げて8位に浮上。一方のスペインは、前回7位から最下位まで転落。同紙は、「大会前日のフレン・ロペテギ前監督解任劇が言い訳にはならない」と厳しい言葉を浴びせ、「とにかく残念なパフォーマンスだった」と分析した。

 ガーディアン紙が発表した、決勝トーナメント出場国のパワーランキングは以下の通り。

順位 国名(変動)
1位 ブラジル(―)
2位 フランス(↑7)
3位 クロアチア(↑1)
4位 ウルグアイ(―)
5位 ベルギー(↓2)
6位 スウェーデン(↑3)
7位 イングランド(↑3)
8位 ロシア(↑7)
9位 コロンビア(↓4)
10位 日本(↑6)
11位 メキシコ(↓5)
12位 デンマーク(↑2)
13位 ポルトガル(―)
14位 アルゼンチン(↓2)
15位 スイス(↓4)
16位 スペイン(↓9)

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング