「任期を全うした」 西野監督の7月末での退任決定、田嶋会長も言及「慰留はしなかった」

西野監督は記者会見で、7月末での契約満了をもって退任する意向を明らかにした【写真:Getty Images】
西野監督は記者会見で、7月末での契約満了をもって退任する意向を明らかにした【写真:Getty Images】

7月末の契約満了を持って日本代表監督の座を退く意向を示す

 ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16に入った日本代表が5日に帰国。バヒド・ハリルホジッチ前監督の後を継いだ西野朗監督は記者会見で「任期を全うしたという気持ち」と説明。7月末での契約満了をもって退任する意向を明らかにした。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 千葉県内で行われたロシアW杯の帰国会見で、在任46日目を迎えた西野監督は今後についての質問に口を開いた。

「契約が今月の末日までですので、この任を受けた瞬間からW杯終了までという気持ちだけやってこさせてもらった。今は、途中でこういう形になりましたが、任期を全うしたという気持ちでおります」

 国際的な前評判が低いなか、2010年南アフリカ大会以来となる3度目のグループリーグ突破を果たし、決勝トーナメント1回戦ではFIFAランク3位のベルギー相手に一時は2点もリードする展開まで導いた。

 田嶋幸三会長によれば、敗退決定後、西野監督とは話し合いの場が持たれたという。そのなかで、田嶋会長は西野監督の意志を尊重する決断をしたという。

「7月末に任期が満了する。西野さんとは40年以上に付き合い。西野さんにお願いする時、結果がどうであれ、この大会で終わると約束した。その約束は、僕が守りたい。そのところで慰留することはしませんでした。7月末でもって、日本代表監督を終了することになる。違った形で日本サッカーに貢献し、サポートしてもらえれば」

 西野監督は7月末で日本代表の監督の座を退く――。田嶋会長もその事実を認めた。2022年のカタールW杯に向けては、新監督の下で新たなスタートを切ることが決まった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング