本田圭佑、パス回しで大ブーイングを浴びた味方に同情「出た選手には酷な部分ある」

本田はパス回しで大ブーイングを浴びた味方に同情している【写真:Getty Images】
本田はパス回しで大ブーイングを浴びた味方に同情している【写真:Getty Images】

W杯ポーランド戦の終盤、日本が消極的なパス回しを見せて会場騒然

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗れた。同時刻にキックオフされた同グループの一戦でコロンビアが1-0とセネガルを下したなか、日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並び、イエローカード数を含めた「フェアプレーポイント」で上回り、辛うじて三度目の16強進出を決めた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合の終盤には日本の消極的なパス回しにブーイングが集まる事態となったが、出番のなかったMF本田圭佑は「出た選手にはすごく酷な部分はあるけど想定内」と語り、出場選手に同情を寄せつつも、結果優先のなかで考えられた状況としている。

 コロンビア戦とセネガル戦で同じ11人を送り出していた西野朗監督だが、ポーランド戦では6人の入れ替えを決断。試合は後半14分に先制点を許して1点を追う状況となるも、他会場でコロンビアが先制した情報が入り、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。

 結果的にイエローカード2枚差でセネガルを上回った日本が勝ち上がったものの、終盤に消極的なパス回しに終始した日本に会場のファンから大ブーイングが浴びせられるなど現場は騒然。試合前にファンも帰り始める事態となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング