アルゼンチンが先制もアイスランドに追いつかれ1-1で後半へ 注目のメッシは見せ場少なく…

アルゼンチン対アイスランドは1-1で後半へ【写真:Getty Images】
アルゼンチン対アイスランドは1-1で後半へ【写真:Getty Images】

アグエロの一撃で幸先良く先制も直後に失点

 FWリオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表が16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のアイスランド戦に臨んだ。FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制したものの同点に追いつかれ、1-1で前半を折り返した。

 今予選では本戦出場も危ぶまれた状況に陥ったアルゼンチンだが、予選最終節でハットトリックの離れ業を演じたメッシを絶対エースにホルヘ・サンパオリ監督の下で臨む。先発にはもちろんメッシ、そしてアグエロ、MFアンヘル・ディ・マリア、MFハビエル・マスチェラーノが並んだ。一方、2年前の欧州選手権で躍進し、初出場を果たしたアイスランドはMFギルフィ・シグルズソンらを並べた。

 キックオフ直後からボールを保持するアルゼンチン、その隙を狙うアイスランドという様相となる。前半9分にはアルゼンチンのビルドアップのミスを突き、アイスランドがカウンターを仕掛けてフィニッシュまで持ち込む。前回大会の準優勝国は決して楽な試合の立ち上がりとはならなかった。しかし同17分にはメッシが得意のカットインから枠内シュートを放ち、得点の意欲を感じさせる。

 すると同19分、もう一人の得点源が仕事をする。DFロホのシュート性の縦パスをゴール前のアグエロが絶妙のトラップ。素早く反転するやいなや強烈な左足シュートを叩き込む。相手マーカーを背負っても能力を見せた点取り屋の一撃で、アルゼンチンが1-0と先制に成功した。

 しかしアイスランドも黙っていない。同23分、波状攻撃から右サイドのシグルズソンがクロスを送ると、こぼれ球をFWアルフレッド・フィンボガソンが詰めてすぐさま1-1の同点とした。

 アルゼンチンはその後、メッシの突破を起点にMFビリアがミドルシュートを放つものの、ゴールを割れず。1986年メキシコ大会以来となる優勝に向けて、勝ち点3を確保できるか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング