Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.09.17 (Sun)

「柴崎が歴史を作った」 バルサ戦衝撃ボレー弾に古巣テネリフェ地元紙も賛辞


リーガ初ゴールを「スペクタクルな左足のボレー」と讃える

 

 ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラ第4節の本拠地バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足の鮮やかなボレーシュートでリーガ初得点をマークした。古巣テネリフェの地元メディアは「歴史を作った」と衝撃の一撃を報じている。

 

 この男の勝負強さは本物だった。0-0で迎えた前半39分、MFマルケルが頭で落とした浮き球に反応した柴崎は迷うことなく左足を振り抜く。ボールの芯を捉えた強烈なシュートは、ドイツ代表GKテア・シュテーゲンでもなす術がなく、ゴールネットを揺さぶってスタジアムに歓喜の瞬間をもたらした。

 

 開幕3試合を無失点で抑えてきたバルサから奪った、柴崎のリーガ初ゴール。昨季プレーしたテネリフェの地元メディア「エル・ドルサル」では、「ガク・シバサキがラ・リーガ・サンタンデールの歴史を作った。この日、本人はFCバルセロナを相手に初ゴールを奪った。彼らはここまで無失点だったが、ペナルティーエリアの端からスペクタクルな左足のボレーを決めてテア・シュテーゲンのゴールを破った」とレポートされている。

 

 柴崎は負傷のため後半開始早々に途中交代し、チームも逆転されて1-2で敗れたが、存在感は傑出していた。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト