Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.03.18 (Sat)

長友は公式戦8試合連続の先発落ち予想 本田とともに試合勘欠如のまま代表合流か


 

長友の17年先発フル出場は1月28日のペスカーラ戦のみ

 

 インテルの日本代表DF長友佑都は現地時間18日の敵地トリノ戦で公式戦8試合連続の先発落ちとなる可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が予想スタメンを発表した。

 

 インテルのステファノ・ピオリ監督は4-2-3-1システムでインターナショナル・マッチデー中断前の一戦に臨むことになる。

 

 GKはハンダノビッチ。DFはダンブロージオ、メデル、ミランダ、アンサルディ。中盤のダブルボランチはガリアルディーニとコンドグビア。攻撃的MFはカンドレーヴァ、バネガ、ペリシッチで、1トップはイカルディとなっている。

 

 イタリアメディアに「緊急事態がなければ、永遠のパンキナーロ(ベンチ要員)」と命名された長友はベンチスタートとなっている。長友は今季公式戦9試合出場で、出場時間は534分。今季はダンブロージオとアンサルディという両翼の後塵を拝し、2017年の先発フル出場は1月28日のペスカーラ戦のみにとどまっていた。

 

 一方、ACミランの日本代表FW本田圭佑は18日の本拠地ジェノア戦で公式戦22試合連続のスタメン落ちとなるとガゼッタ紙は報じている。今季先発出場わずか1試合で合計出場時間96分の背番号10は完全にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想外となっている。

 

 「本田、長友はイタリア、ヨーロッパでもビッグクラブにいる。そこでトレーニングするだけでも少し違いがある」とバヒド・ハリルホジッチ監督はベンチ要員の練習ぶりを評価したが、深刻な試合勘の欠如を抱えたまま代表合流することになりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

<  前の記事 次の記事  >