高地マジック!? 南米大陸王者決定戦の“無回転ロング弾”が話題「GKを氷漬けにした」

CAトゥクマンのDFロマの、“無回転ロング弾”が話題になっている【写真:Getty Images】
CAトゥクマンのDFロマの、“無回転ロング弾”が話題になっている【写真:Getty Images】

トゥクマンのDFロマが無回転のブレ球で相手ゴールを襲撃

 南米大陸王者を決める「コパ・リベルタドーレス」で、高地ならではスーパーショットが生まれた。ゴールから約40メートルの距離から放ったロングシュートは、相手GKの手もとで変化してネットを揺らし鮮やかに先制。見事な無回転弾は「GKを氷漬けにした」と称えられて話題を呼んでいる。

 舞台は現地時間18日に行われたグループステージC組の第3節ストロンゲスト(ボリビア)対CAトゥクマン(アルゼンチン)戦。右SBとして先発出場したアルゼンチン人DFニコラス・ロマが魅せた。

 0-0で迎えた前半11分、ロマはセンターサークル付近からの縦パスを右足でトラップ。そのまま前に転がったボールに小刻みなステップで近づくと、相手最終ラインが間合いを詰めてこないと見るや、すぐにシュートモーションに入った。

 コンパクトに右足を振り抜いた一撃は、一直線にゴール左隅へ。相手GKも懸命にシュートストップを試みるが、伸びながらもブレて変化するボールに対応しきれず、その手を弾いてネットに突き刺さった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング