豊川出場試合で「世界クラスの一撃」 60m超ロング弾を選手も自画自賛「25回見る」

セバージョスが決めた超ロングシュート弾が話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
セバージョスが決めた超ロングシュート弾が話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ロケレンのMFセバージョスが自陣でのパスカットから超ロングシュートでゴールを奪取

 ベルギー1部リーグ・プレーオフ第3節のロケレン対オイペンが現地時間14日に行われ、FW豊川雄太が所属するオイペンを本拠地で迎え撃ったロケレンが3-0で勝利。ワールドカップ出場歴もある元エクアドル代表GKの息子が決めた超ロングシュート弾が話題を呼んでいる。

 ベルギー1部は16クラブにより争われ、レギュラーシーズン30試合を終えると上位6クラブと残りのクラブが分かれてそれぞれプレーオフを戦う。プレーオフ2 (7~15位) は、9クラブに2部リーグ上位3クラブを加えた12クラブを二つのグループに分けてホーム&アウェーの総当たり戦を行い、1位同士が勝者決定戦を行う(その後プレーオフ1の4位クラブとUEFAヨーロッパリーグ予備予選の出場権を懸けて対戦)。

 レギュラーシーズン13位のロケレン(勝ち点31)と15位オイペン(同27)による一戦は、前半14分にMFスティーブ・デ・リッデルのゴールでホームのロケレンが先制する。

 1点リードして迎えた後半20分、ロケレンのエクアドル代表MFフランシスコ・セバージョスが自陣で相手のパスをカットすると、ドリブルを一つ突き、センターサークル後方から迷わず右足を一閃。勢いよく浮き上がったボールは、飛び出していたオイペンのGKをあっという間に追い越し、そのままダイレクトでゴールネットを揺らした。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング