前節2アシストの本田、17日のサッスオーロ戦で4試合連続先発へ

 

4-3-3の右ウイングで先発の見通し

 

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が17日の敵地サッスオーロ戦で4試合連続で先発出場する可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 前節のホーム、ローマ戦で2アシストの活躍で2-1の勝利に貢献した本田は4-3-3システムの右ウイングで先発予定となっている。

 現在、シルビオ・ベルルスコーニ会長はアジアの投資家グループと株式の売却交渉を進めている最中。その一方で、来季の強化費捻出のために、チーム得点王のFWジェレミー・メネズら現有戦力を売却する可能性が報じられるなど、ミランは人件費の更なる“スリム化”も狙っている。

 リーグ戦は残り3試合。来季の体制が不透明なミランだけに、本田は少しでもピッチ上で活躍し、来季に向けてアピールしたいところだ。

 

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング