「ビックリした」 日本代表戦士も衝撃 宿舎で“世界”に驚愕「現実を見ないと…」

槙野と原口は強豪同士の試合に衝撃を受けた【写真:Getty Images】
槙野と原口は強豪同士の試合に衝撃を受けた【写真:Getty Images】

1-1ドローのマリ戦後、宿舎に戻った日本代表メンバーがW杯出場国の試合を観戦

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、23日の国際親善試合マリ戦で1-1のドローに終わった。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦するセネガルを想定した一戦で苦戦を強いられた日本だが、試合後に宿舎へ戻った後、世界レベルに衝撃を受けたようだ。FW原口元気(デュセルドルフ)も「ビックリした」と驚きの声を漏らしている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 マリ戦の日本は前半に何度か相手ゴールに迫ったものの決定打を欠くと、前半34分にはMF大島僚太(川崎フロンターレ)が左ふくらはぎを痛めて交代。同44分に30歳の誕生日に代表デビューを飾ったDF宇賀神友弥(浦和レッズ)がPKを与えて先制点を許した。後半に入ると日本はDF酒井高徳(ハンブルガーSV)やMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)、FW本田圭佑(パチューカ)を次々と投入。後半アディショナルタイムに途中出場のFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が代表デビュー戦弾を叩き込み、辛うじて1-1のドローに持ち込んだ。

 ロシアW杯に向けて攻守両面の課題が浮き彫りになった形だが、日本代表メンバーは宿舎に戻った後、“世界レベル”に衝撃を受けたという。マリ戦が行われた23日に世界各国でW杯出場国が国際親善試合に臨んでおり、前回大会優勝国のドイツはスペインと1-1のドロー。W杯グループリーグ初戦で対戦するコロンビアはフランスに3-2と逆転勝利を収めている(セネガルはウズベキスタンに1-1ドロー/ポーランドはナイジェリアに0-1敗戦)。

 ドイツとスペインによるW杯優勝候補同士の一戦を日本代表メンバーも宿舎で観戦したようだ。マリ戦でフル出場のDF槙野智章(浦和)は次のように感想を口にしている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング