J1第4節、“無敗4クラブ”が直接対決! 唯一3連勝の広島、唯一3連敗のG大阪にも注目

浦和と横浜FMが未勝利の名門対決、G大阪はプロ初得点の17歳FWに注目

 ここまで勝利がないチームでは、昨季のアジア王者・浦和レッズが横浜F・マリノスとの名門対決になる。サイドに開いたウイングを生かしたサイド攻撃が機能不全の浦和と、アンジェ・ポステコグルー監督によるポゼッションサッカーが構築途上の横浜という構図だけに、決め手不足の両チームがゴールを奪い切れるか。浦和は新加入のオーストラリア代表MFアンドリュー・ナバウトの登録が完了し、このゲームでデビューの可能性もある。敗れればホームの埼玉スタジアムが不穏な空気に包まれることが確実だけに、カンフル剤としての活躍に期待だ。

 また、唯一の3連敗を喫しているガンバ大阪は、ACL明けの柏レイソルをホームに迎える。G大阪は14日のルヴァン杯では浦和に4-1の大勝。17歳のFW中村敬斗にプロ初ゴールが生まれるなど、好材料を手にリーグ戦での連敗ストップを期することになる。一方の柏は、0-1で敗れた失意の香港遠征から戻って中3日だけにコンディションとモチベーションをどこまで回復できているか。

 ACLでは首位と好調な鹿島アントラーズだが、リーグ戦では1勝1分1敗と波に乗り切れていないなかでサガン鳥栖とのアウェーゲームに臨む。鹿島は3試合で1失点と堅守は健在だが、1得点と攻撃力に課題を残す。エースのFW金崎夢生には、ACLに続いてリーグ戦での活躍に期待が懸かる。一方の鳥栖は、1勝2分の無敗と粘り強い戦いを見せている。勝ち点を稼いで上位に食らいつくためにも、ホームで“常勝軍団”を破って勢いに乗っていきたい。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング