ロシアW杯で早くも問題発生 現地にファンゾーン設置予定もモスクワの大学生が猛抗議

ロシアW杯で早くも問題発生 現地にファンゾーン設置予定もモスクワの大学生が猛抗議

 モスクワ大学内にファンゾーンを設置予定 しかし学生側が反発して場所変更を要求

 ロシアでは今年6月から1カ月間に渡ってサッカー界最大のイベントであるワールドカップ(W杯)が開催される。しかし、このW杯を巡り国内では問題も発生している。英公共放送局「BBC」は「モスクワの大学生がW杯のファンゾーンに猛抗議」と報じた。

 事の発端となっているのは、ロシアの首都モスクワにあるモスクワ大学のキャンパス内に大型スクリーンでW杯の試合を観戦できるファンゾーンを設けるというものだ。

 スクリ―ンは6500人ほどが暮らす学生寮のすぐ脇に建てられる予定。その影響から一部の学生は本大会期間中の約1カ月間、寮からの立ち退きを求められるという。このファンゾーンの設置については決定までに事前の説明がなされなかったこともあり、学生側が反発の意志を明らかにした。

 また、学生はW杯の影響から試験が5月に前倒しになるということに対しても怒りを露わにしている。

 こうした一連の問題で学生側はウラジミール・プーチン大統領とモスクワのセルゲイ・ソビャーニン市長に向けたオンラインの請願書を公開し、署名を呼びかけている。ファンゾーンはモスクワ郊外など別の場所に変更するようにと要求した。

 記事によればすでに1万1500人ほどからの署名を集めているという。そして、この抗議で試験の前倒しについては撤回される見込みだというが、ファンゾーンの設置場所の変更についてはまだ実現に至っていない。

 サッカー界最大のイベントであるW杯だが、開催を前に様々な問題も浮かび上がってきている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング